フルハーネス講習胴ベルト体験
桜の満開のの日4月7日の日曜日に花見を返上してのフルハーネス型墜落制止用器具の講習を会社全員で受けてきました。

2019年2月より新ルール高さ6.75m以上でのフルハーネス型の着用が義務付となり、我社でも去年ハーネスはこうにゅうしていたのですが、

作業しにくいとのことで、胴ベルトでの作業をしていたため、ハーネスは新品同然でしたが、2022年1月からは使えなくなるため、新規格の墜落制止器具(フルハーネス)

の注文を致しました。現状在庫がなく納品待ちとかなり生産が追い付いていないみたいです。

原状、まだ今のハーネスでもあと3年は使用できるのですが、安全の重要性を講習にてかんじたので、社員の安全を第一に考え即座に注文いたしました。

フルハーネスのお世話になることはよくはないですが、絶対に無いとは言えませんし命には変えれません。

講習では、胴ベルトでの吊り下がりを全員経験しましたが、確かに息が出来ませんでした。

これでは、たすけて~て大声も出ません、講習では腕立て伏せからの吊り下がりでしたが、実際に墜落となれば、呼吸どころでは済まないと思います。

高所から下に落ちることは無くても、吊るされた状態で死亡にもつながると実感です。

フルハーネスの必要性を実感できたいい講習でした。

講習後は、楽しい食事会にて社員と安全について深夜まで語り続けましたね、飲みすぎもご安全にです。

 


守口市など大阪の建築金物・エクステリア工事はヤマキン(株)

大阪府守口市佐太中町7丁目9番11号
06-6903-6262